MENU
パソコン苦手でもホームページ持てます!

【ホームページ制作の基本】成功するWebサイトの5つの要素|HP基本編01

当ページのリンクには広告が含まれています。
hp1-01-website
一平@パソコン苦手な経営者

個人経営者でホームページを持ちたいのですが、成功するのに注意するポイントを教えて下さい。

小粋@パソコン講師

ビジネスで成功できるホームページは、次の5つの要素に注意すれば大丈夫ですよ。

ポイント

最初はweb用語が分からないと思うので、説明しながら進めるので安心して下さいね。

成功するwebサイトの5つの要素
  • わかりやすいサイト構造:パソコン講師のナビゲーション解説
  • デバイス対応デザイン:講師が解説するレスポンシブデザイン
  • 見た目で伝えるコンテンツ:ビジュアルコンテンツの重要性
  • 行動促進ボタンCTA:パソコン講師が解説
  • パソコン講師のSEO解説:上位表示の秘密
パソコン講師のweb用語説明
  • レスポンシブデザインとは:パソコンやスマホなど様々なデバイスでも適応するデザインのこと。
  • ナビゲーションとは:ホームページの構造をわかりやすくする方法
  • コンテンツとは:ホームページ上に表示される情報のこと。(テキスト、画像、動画など)
  • コール・トゥ・アクション(CTA)とは:特定の行動を促すボタンやリンクのこと。
  • SEOとは:検索エンジン最適化。検索上位に表示されるように工夫すること。

プロにまるっとお任せ!

ホームページ製作費0円から!

目次

1. ホームページの目的を明確にするのが大事!

ホームページの目的を明確にする

小粋@パソコン講師

ホームページの目的を明確に設定することは、成功への第一歩です。

ポイント

目的がはっきりしていると、訪問者は自分が何を期待できるか理解しやすくなります。

例えば、商品の販売や情報提供、コミュニティ構築など、ホームページの目的をはっきりさせましょう。

2. ホームページはユーザーフレンドリーなデザインにする

シンプルで使いやすいデザイン

小粋@パソコン講師

シンプルで使いやすいデザインは、初心者でも迷わず操作できるようにしましょう。

ポイント

シンプルで使いやすいデザインは、誰にでもアクセスしやすいホームページを作るために欠かせません。

一平@パソコン苦手な経営者

分かりやすいナビゲーションや、過剰な装飾を避けたシンプルなレイアウトがいいんですね。

3.ホームページはレスポンシブデザインにしよう

レスポンシブデザインについて

小粋@パソコン講師

スマホやタブレットでも表示が崩れないレスポンシブデザインを採用しましょう。

ポイント

レスポンシブデザインとはパソコンやスマホなど様々なデバイスでも適デザインが崩れないことですよ。

デバイスの種類や画面サイズに関係なく、ホームページが正しく表示されるレスポンシブデザインは必須です。

これにより、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスで閲覧される訪問者にも快適な閲覧体験を提供できます。

レスポンシブデザインとは

パソコン講師のweb用語説明

レスポンシブデザインとは:パソコンやスマホなど様々なデバイスでも適応するデザインのこと。

レスポンシブデザインとは、ホームページが様々なデバイスや画面サイズに適応して、最適な表示を行うデザインのことを言います。

例えば、パソコンの大きな画面でも、スマートフォンの小さな画面でも、ホームページがきちんと見やすく表示されるように工夫されたデザインです。

これによって、どんなデバイスを使っていても、訪問者がストレスなく情報を得られるようになります。

小粋@パソコン講師

最近では、多くのホームページがレスポンシブデザインを採用しているので、ぜひ覚えておいてくださいね。

4. ホームページは魅力的なコンテンツを作ろう

価値ある情報提供をする

小粋@パソコン講師

ホームページは価値ある情報提供 訪問者に価値ある情報を提供することで、リピート訪問を促しましょう。

ポイント

訪問者に価値ある情報を提供することで、ホームページの信頼性が高まり、リピート訪問が増えます。

一平パソコン苦手な経営者

ホームページは記事や解説、Q&Aなど、ターゲット層が求める情報をわかりやすく伝えることが大切なんですね。

ビジュアルコンテンツ

小粋@パソコン講師

ホームページには写真や動画を用いて、情報を視覚的に伝えることで理解を深めましょう。

ポイント

写真や動画を用いて情報を視覚的に伝えることで、訪問者の理解が深まり、印象に残りやすくなります。

一平パソコン苦手な経営者

適切なビジュアルコンテンツだと、ホームページ全体の雰囲気が良くなり、会社のブランディングも高まるんですね。

コンテンツとは、ウェブサイト上に表示される情報のこと

パソコン講師のweb用語説明

コンテンツとは:ウェブサイト上に表示される情報のこと。(テキスト、画像、動画など)

ビジュアルコンテンツとは:目で見てわかる情報(写真やイラスト、動画など)

コンテンツとは、ウェブサイト上に表示される情報のことを指します。

例えば、テキスト、画像、動画などがコンテンツに含まれます。その中で、ビジュアルコンテンツとは、目で見てわかるような視覚的な情報を提供するコンテンツのことを言います。

ビジュアルコンテンツには、例えば写真やイラスト、動画、インフォグラフィック(情報を視覚的に伝える図解)などが含まれます。これらのビジュアルコンテンツは、ウェブサイトを見やすくしたり、情報を分かりやすく伝えたりする役割があります。特に、視覚的な情報が得意な人にとっては、ビジュアルコンテンツが非常に重要です。

小粋@パソコン講師

ホームページ制作の際は、適切なビジュアルコンテンツを用いて、訪問者に情報を効果的に伝えることが大切ですね。

5. 強力なコール・トゥ・アクション(CTA)

目立つCTAボタン

小粋@パソコン講師

目立つCTAボタン CTAボタンを目立たせることで、訪問者がアクションを起こしやすくなります。

ポイント

コール・トゥ・アクション(CTA)とは特定の行動を促すボタンやリンクのことですよ。

\これがCTAボタン/

私にホームページやパソコンのご相談はこちら

CTAボタンは、訪問者がアクションを起こしやすいように目立たせることが重要です。適切なサイズと色を使って、ボタンがすぐに目につくように配置しましょう。

こうすることで、訪問者が求めるアクション(購入、登録、問い合わせなど)をスムーズに行えます。

コール・トゥ・アクション(CTA)とは

パソコン講師のweb用語説明

コール・トゥ・アクション(CTA)とは:特定の行動を促すボタンやリンクのこと

コール・トゥ・アクション(CTA)とは、ホームページの訪問者に対して、特定の行動を促すために設置されるボタンやリンクのことを指します。例えば、「購入する」や「メールマガジンに登録する」、「お問い合わせフォームへ進む」などの指示が、コール・トゥ・アクションにあたります。

CTAは、訪問者がホームページで目的の行動をスムーズに取れるようにサポートする役割があります。また、ホームページ運営者にとっては、訪問者が求める行動(例えば、商品の購入や問い合わせ)を促進することで、成果を上げるための重要な要素です。

小粋@パソコン講師

CTAを設置する際は、目立つデザインや色使いを工夫し、訪問者にその存在を明確に伝えることが大切です。

ポイント

また、分かりやすい文言を使って、どのような行動が求められているのかを明確にしましょう。

一平@パソコン苦手な経営者

これによって、訪問者が迷わずに目的の行動に進むことができるようになるんですね。

具体的な文言を使う

具体的な文言 CTAの文言は具体的で分かりやすいものを選び、訪問者を誘導しましょう。

CTAの文言は、具体的で分かりやすいものを選ぶことが大切です。

小粋@パソコン講師

例えば、「今すぐ購入」や「無料登録はこちら」など、訪問者にどのようなアクションを起こしてほしいか明確に伝える言葉を使いましょう。

6. SEO対策

キーワードの選定(特に大事!)

小粋@パソコン講師

キーワードの選定 適切なキーワードを選び、コンテンツに埋め込むことで検索順位が上がります。

ポイント

検索エンジンで上位表示されるためには、適切なキーワードの選定し工夫することをSEO対策と言います。

一平@パソコン苦手な経営者

ターゲット層が検索しそうなキーワードをリサーチしコンテンツに埋め込むことで、検索順位が上がりやすくなるSEO対策が必要なんですね。

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略

パソコン講師のweb用語説明

SEOとは:検索エンジン最適化。検索上位に表示されるように工夫すること。

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、ウェブサイトが検索エンジンの検索結果ページでより高い位置に表示されるように、さまざまな工夫を行うことを指します。要するに、ウェブサイトを検索エンジンが好む形に整えることで、検索結果で上位に表示されやすくなり、より多くの人に見てもらえるようにするための方法です。

パソコン講師が伝授:SEO対策で重要なこと
  • キーワードの選定
  • 適切なタイトル・見出しの作成
  • テキストの質を向上
  • ホームページの構造
  • 内部・外部リンクの最適化
小粋@パソコン講師

SEOを行う際には、キーワードの選定や、適切なタイトル・見出しの作成、テキストの質を向上させることなどが重要です。

ポイント

また、ホームページの構造や、内部・外部リンクの最適化も大切です。

一平@パソコン苦手な経営者

SEOをうまく活用することで、ホームページに多くの訪問者が訪れるようになり、ビジネスや情報発信に役立つんですね。

SEOを行う際には、キーワードの選定や、適切なタイトル・見出しの作成、テキストの質を向上させることなどが重要です。また、ホームページの構造や、内部・外部リンクの最適化も大切です。

SEOをうまく活用することで、ホームページに多くの訪問者が訪れるようになり、ビジネスや情報発信に役立ちます。ホームページ制作や運営を行う際には、ぜひSEOについても学んでおくと良いでしょう。

内部・外部リンクの設置

小粋@パソコン講師

内部・外部リンク 適切な内部リンクと外部リンクを設定し、SEO効果を高めましょう。

内部リンクは、ウェブサイト内の関連コンテンツ同士を繋げることで、訪問者が求める情報にたどり着きやすくなります。

一方、外部リンクは、信頼性の高いウェブサイトへのリンクを設定することで、SEO効果が高まります。

ポイント

適切なリンク戦略を取り入れることで、ホームページの検索エンジンの評価が向上し、より多くの訪問者がアクセスしやすくなります。

一平@パソコン苦手な経営者

ホームページを作って多くの人に見てもらえないと意味がないですよね。何から始めたらいいですか?

プロにまるっとお任せ!

ホームページ製作費0円から!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次